メニュー

20世紀以降、鳥類学は鳥類の保全と密接に関連付けられてきました。しかし羽毛の研究はあまり活用されておりません。博物館には多くの標本が管理されておりますが、それらは鍵のかかった保管庫にあるため一般の人が活用する機会はほとんどありません。

人は知っているものだけを愛し、愛しているものだけを守る。
Konrad Lorenz

自分の手で羽根を触り、感じ、調べることができるということは人々が自然と関わるきっかけとなります。公園や庭で羽根を拾い、「これはどんな鳥の羽根だろう」と、子供ならみんな考えるでしょう。極地から極地までの約60,000kmに及ぶ驚異的な渡りを行うキョクアジサシの細長い初列風切から夜に静かに狩りを行えるように特化したメンフクロウの柔らかい初列風切まで、全ての羽根に魅力的な物語があります。羽根をよく観察すると色彩だけでなく、構造や形状、質感、機能、など面白い点に気付きます、そしてその鳥の生活環境について様々なことを教えてくれます。羽根は自然がより身近だと感じさせてくれるものであり、まずは「知る」というきっかけが、自然界の保全に重要な役割果たしています。

Featherbaseは、ドイツの羽根研究者および世界中のコレクターが個人のコレクションを持ち寄り、世界最大かつ最も包括的なオンライン羽根データベースを作成しているワーキンググループです。このウェブサイトでは、何千もの鳥種の羽根を識別・比較し、雌雄や年齢の特徴を調べ、任意の部位の計測値および統計を閲覧することができます。博物館と比べ、Featherbaseはより一般の人々を対象としております。一部の研究者だけではなく、羽根に興味がある人ならだれでもアクセスすることが出来ます。また、Featherbaseは画像やデータの提供および研究プロジェクトへ参加をすることで、科学機関や教育機関などと共同研究も頻繁に行っています。

Featherbaseは完全に独立して活動しているため行政機関との提携はなく、何よりも商業的利益を得ることもありません。我々は非営利団体であり、資金は全て貢献者によって賄われています。本データベースに掲載される羽根やスキンの採取は関係当局の承認を得ており、保護対象種やCITESに登録されている種においてもその採集地の記録を厳重に管理しています。

2019
7750
標本
18060
画像
113855
計測値

最近の変更

新しい標本

Alexander Haase created the specimen 10551 in キバラヒメムシクイ (Eremomela icteropygialis) for Wolf-Dieter Busching

新しい標本

Alexander Haase created the specimen 10550 in キバラヒメムシクイ (Eremomela icteropygialis) for Wolf-Dieter Busching

新しい標本

Alexander Haase created the specimen 10549 in クサムシクイ (Sphenoeacus afer) for Wolf-Dieter Busching

新しい標本

Alexander Haase created the specimen 10548 in クサムシクイ (Sphenoeacus afer) for Wolf-Dieter Busching

新しい標本

Alexander Haase created the specimen 10547 in ムナオビイロムシクイ (Apalis thoracica) for Wolf-Dieter Busching

新しい標本

Alexander Haase created the specimen 10546 in コシアカヒバリモドキ (Cincloramphus mathewsi) for Wolf-Dieter Busching

新しい標本

Alexander Haase created the specimen 10545 in ノドグロサイホウチョウ (Orthotomus atrogularis) for Wolf-Dieter Busching

新しい標本

Alexander Haase created the specimen 10543 in ノドグロムシクイ (Curruca ruppeli) for Wolf-Dieter Busching

新しい標本

Alexander Haase created the specimen 10542 in ノドグロムシクイ (Curruca ruppeli) for Wolf-Dieter Busching

新しい標本

Alexander Haase created the specimen 10541 in ノドグロムシクイ (Curruca ruppeli) for Wolf-Dieter Busching

新しい標本

Alexander Haase created the specimen 10538 in ズグロムシクイ (Sylvia atricapilla) for Wolf-Dieter Busching

新しい標本

Alexander Haase created the specimen 10537 in ズグロムシクイ (Sylvia atricapilla) for Wolf-Dieter Busching

新しい標本

Alexander Haase created the specimen 10536 in ズグロムシクイ (Sylvia atricapilla) for Wolf-Dieter Busching

新しい標本

Alexander Haase created the specimen 10535 in ズグロムシクイ (Sylvia atricapilla) for Wolf-Dieter Busching

新しい標本

Alexander Haase created the specimen 10534 in ズグロムシクイ (Sylvia atricapilla) for Wolf-Dieter Busching

新しい標本

Alexander Haase created the specimen 10533 in ズグロムシクイ (Sylvia atricapilla) for Wolf-Dieter Busching

新しい標本

Alexander Haase created the specimen 10532 in ズグロムシクイ (Sylvia atricapilla) for Wolf-Dieter Busching

新しい標本

Alexander Haase created the specimen 10531 in ズグロムシクイ (Sylvia atricapilla) for Wolf-Dieter Busching

新しい標本

Dawid Fikus created the specimen 10529 in ウタツグミ (Turdus philomelos)

新しい標本

Dawid Fikus created the specimen 10528 in ノハラツグミ (Turdus pilaris)

新しい標本

Dawid Fikus created the specimen 10527 in ニシクロウタドリ (Turdus merula)

新しい標本

Dawid Fikus created the specimen 10526 in ニシコクマルガラス (Corvus monedula)

新しい標本

Dawid Fikus created the specimen 10525 in カササギ (Pica pica)

新しい標本

Dawid Fikus created the specimen 10524 in カケス (Garrulus glandarius)

新しい標本

Dawid Fikus created the specimen 10523 in カケス (Garrulus glandarius)

新しい標本

Dawid Fikus created the specimen 10522 in カケス (Garrulus glandarius)

新しい標本

Dawid Fikus created the specimen 10521 in カケス (Garrulus glandarius)

新しい標本

Dawid Fikus created the specimen 10520 in カケス (Garrulus glandarius)

新しい標本

Dawid Fikus created the specimen 10519 in カケス (Garrulus glandarius)

新しい標本

Dawid Fikus created the specimen 10518 in カケス (Garrulus glandarius)

ランダムな標本